カテゴリー
未分類

腰に負担をかける姿勢をしない心がけが腰痛持ちには必要

腰椎の椎間板いかかる圧力
直立姿勢の時うを100とすると
前かがみでは150
椅子にまっすぐに座っているだけの時でも140
にたっすrという研究報告があります。
さらに椅子に座って前かがみの姿勢をとると、なんと185にもなり
前かがみで荷物を持つと275にもなるそうです。

こんな時にきっとギックリ腰をやっちゃうのではないでしょうか?

荷物を運搬する時
介護で重い要介護者を持ちあげる時
さらには
デスクワークの時
ついついう前かがみの姿勢になりがちですが、これが
腰に大きな負担を与えていることは肝に銘じておきましょう。
この前かがみの姿勢が腰に負担を与え、しては腰痛の変形や変性、腰痛の慢性化を招くのです。

では、ふだんからどんな姿勢をしていれば腰痛には良いのでしょうか?

人間の背骨は横から見るとS字のカーブを描いています。
その中でも腰椎は微妙に前に湾曲しています。
この腰椎前弯を「田モテ腰痛の世墓8ウや再発防止を図る方法が推奨されています。
これは「Lunbar Lordosis Supporting Treatment療法」(LLST)と呼ばれています。
日本語で分かりやすく表現すると「腰椎前弯維持療法」です。

腰を雨に曲げると痛みを感じる「前屈障害型腰痛」に適しているとされています。
ですので腰痛持ちの方は以下のことに心がけてください
①いい姿勢を保つ
②膝関節や事故関節をうまく使う
③重い物は腕の力だけで持ち上げない
④腹筋や背筋を鍛えて背骨を支える
⑤腰をひねったまま度いう差をしない⑥同じ姿勢を30府に上続けない

普段からこそのLLST両方のことを心がけるだけで
だいぶ腰痛は変わってくるものです。
これで背骨のS字カーブが維持されてたとえ腰痛が起きても軽症で
2~3週間で症状が改善するとされています。
ふだんからこのことを心がけていないと、ついつい前かがみで重い荷物を持ちあげたり、デスクワークで
同じ姿勢を長時間続けてしまいがちになってしまいます。
来客用布団 どうしてる 一人暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です