カテゴリー
未分類

散らかった実家ならモノの置き場所を決めてみる

帰省した時に感じるのは、片付けられない高齢の親がいる実家が散らかっていることかもしれません。
その大きな原因は、親自身もどこに?なにが?あるかわからないからでもあります。
ですからできるだけそれを解消してあげることが知r田買っている実家の整理整頓のためになると思います。

そのためにはまず、実家にあるモノのグルーピングからはじえっましょう。
実家にあるモノのpグルーピングが終わったら、それらを収納する箱や袋にまとめるのです。
ここで重要なのは中に入っているモノが外から簡単い分かるようにしておく必要があります。
できればカゴや透明の入れ物がおすすめです。

そこに収納しているモノの場所を決めておくことが大切です。
その後は「使ったらそこに戻す」ことさえ親が守ることができれば、かなり実家は片付くと思います。

それは身近にあるよく使うモノから始めましょう。
例えば親が使う病院の診察券や保険証などよく使う物の置き場所を決めるのです。
この置き場所は使う親本人に決めてもらうのがおすすめです。
どうしても子供目線ばかりで置き場所を決めると使う親本人にとっては使い勝手が悪い不便なことも多いからです。
ただ、置き場所が親本人に決められない場合は、取りやすい場所見つけやすい場所に置いておけば大丈夫です。
病院に行く時に付き添いヘルパーさんに指示しておけばいいことですし、使い終わったら元の場所に戻せばいいだけです。

他にも眼鏡やメモ用紙
ペンやハサミ
毎日使う物は一つの箱に入れてリビングのテーブルいの上に置いておくだけでもかなり片付きます。

入れるものを決めた収納する箱やカゴには、すぐにわかるようにラベルを張ってお行きましょう。
高齢の親のことを考えればできるだけ大きな文字にするのがいおすすめです。
そんpら目るの名前も親と相談しながら決めていおきましょう。
意外と子供が決めると親には理解しにくいカタカナ英語のこともありますからね。
このあたりの細かい配慮も大事です。
遺産相続 負けるが勝ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です