カテゴリー
未分類

離婚の財産分与でマイホームなどの不動産はどうなるの?

マイホームなどの不動産も離婚の財産分与の対象となります。
ただし、それは結婚後の夫婦の協力によって取得したものに限られます。
これはお金を出した?出さない?ということではありません。
専業主婦でもりっぱにそのマイホーム取得に貢献していると考えられているからです。

ここで離婚後の財産分与の対象外になるマイホームみたいな不動産もあります。
それは親などから「贈与」や「相続」で取得した不動産です。
このような不動産は離婚の財産分与の対象ではないことに注意してください。

マイホームなどの不動産が離婚の財産分与で問題になるのが、その評価額です。
不動産の評価額はその時期によって変動が大きくなるので困りものです。
そこで離婚の財産分与の不動産の評価を出すには
・離婚成立時
・離婚前の別居期間開始時
を基準に評価額を出します。
不動産?評価額を言算定するには、近隣の取引事例を参考にしたり国税庁の路線価などや国土庁の公示価格などなにかしらの根拠を元に評価額を出しましょう。

調停や裁判ではこれらでは根拠に乏しいとされることもありますので、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼しなければならないこともあります。
この鑑定料は意外と安くはないのでご注意ください。
鑑定ひょいう医科学が大きければかなりの金額になります。

また離婚の財産分与で得た不動産は名義変更の手続きを行わなければなりあm線。
その不動産の所在地を管轄する法務局に名義変更の手続きをします。
これには
・所有権移転登記申請書
・固定資産税評価額証明書
¥譲渡者の権利証と印鑑証明
・譲渡される側の住民票
・不動産分与を証明する離婚協議書や調停調書
などが必要にになります。
このあたりは登記名義変更尾の専門家の司法書士に相談したほうがいいでしょう。

意外と離婚による財産分与でマイホームなどの不動産がある場合は、かなり話し合いや手続きが難しくなることは覚悟しておいてください。
一番良いのは売却して
お金に換えてからの財産分与が一番スッキリしますが・・・
会話がない夫婦の行く末

カテゴリー
未分類

忙しい看護師を困らせるかまってチャン患者

看護師の仕事は患者さんに優しく接すること
そんなことは百も承知であっても
クソ忙しいので一人の患者さんいそんなに時間を割けないのも紛れもない事実

しかし、そんな時に困るのが「カマッテチャン患者」です。
いかに自分が不幸な境遇で生きてきたか?
その不幸な生い立ちの昔話を延々とされたりもします。
しかもその話を聞かないと点滴も治療の説明もさせてくれないことはないですか?
でも、そんな不幸話だけではなく、とにかく自分の話を聞いて欲しいという患者さんは択差煮るものです。
お見舞いの家族もあまり来れないこのご時世
自分の話し相手は看護師さんだけと感じているのかもしれm線。

しかし看護師は他の菅あjさんのお世話もしなければなりあm線から、そうそう長話もできません。
そのためには
「話を聞いてあげることが看護師の仕事ではない」
ことを理解してもらわなければなりません。
しかし、逆に
その患者さんがどんな目的で自分の辛い生い立ちを聞いて欲しいのか>も考えてあげなければなりあm線。
病気は身体からだけでなく心からでもあるからです。

ただ話を聞いて欲しい
そんな場合はある程度時間を区切って聞いてあげるようにしませんか?
5分だけ
10分だけ
他の患者さんの世話もしなければならないことを説明してから話を聞いてあげられる時にはふできるだけ聞いてあげるよにしましょう。
そうすれば患者さんも安心して、後の処置や作業もしやすくなるかもしれません。

看護師は患者と寄り添い、共感してあげることも大事です。
しかし、公私混同してはいけません。
あくまで「それは大変でしたね」
「そんな経験をされてきたので畝」
と共感してあげつつも
「課題の分離」を忘れずに看護師としての本来の職務を優先しなければなりません。
たとえ話をじっくり聞いてあげられなくても、そのことに対して罪悪感を持つ必要はありません。

看護師は
時に「優しく」
時に「厳しく」
あるべきものですからね。

看護師 共働き つらい

カテゴリー
未分類

散らかった実家ならモノの置き場所を決めてみる

帰省した時に感じるのは、片付けられない高齢の親がいる実家が散らかっていることかもしれません。
その大きな原因は、親自身もどこに?なにが?あるかわからないからでもあります。
ですからできるだけそれを解消してあげることが知r田買っている実家の整理整頓のためになると思います。

そのためにはまず、実家にあるモノのグルーピングからはじえっましょう。
実家にあるモノのpグルーピングが終わったら、それらを収納する箱や袋にまとめるのです。
ここで重要なのは中に入っているモノが外から簡単い分かるようにしておく必要があります。
できればカゴや透明の入れ物がおすすめです。

そこに収納しているモノの場所を決めておくことが大切です。
その後は「使ったらそこに戻す」ことさえ親が守ることができれば、かなり実家は片付くと思います。

それは身近にあるよく使うモノから始めましょう。
例えば親が使う病院の診察券や保険証などよく使う物の置き場所を決めるのです。
この置き場所は使う親本人に決めてもらうのがおすすめです。
どうしても子供目線ばかりで置き場所を決めると使う親本人にとっては使い勝手が悪い不便なことも多いからです。
ただ、置き場所が親本人に決められない場合は、取りやすい場所見つけやすい場所に置いておけば大丈夫です。
病院に行く時に付き添いヘルパーさんに指示しておけばいいことですし、使い終わったら元の場所に戻せばいいだけです。

他にも眼鏡やメモ用紙
ペンやハサミ
毎日使う物は一つの箱に入れてリビングのテーブルいの上に置いておくだけでもかなり片付きます。

入れるものを決めた収納する箱やカゴには、すぐにわかるようにラベルを張ってお行きましょう。
高齢の親のことを考えればできるだけ大きな文字にするのがいおすすめです。
そんpら目るの名前も親と相談しながら決めていおきましょう。
意外と子供が決めると親には理解しにくいカタカナ英語のこともありますからね。
このあたりの細かい配慮も大事です。
遺産相続 負けるが勝ち

カテゴリー
未分類

最初に買ってもらった商品から次の商品を売る極意

固商売に定観念は禁物です。
これがあるとリピーター客に対応できません。
自社で販売している商品が一生に一度買えば十分な商品であっても次の売る商品を考えることで売り上げが上がります。

意外と全然関係の内商品が売れることもあるのです。

それに大事なのは
最初に商品を買ってくれたお客様の分析から始まります。
最初のお客様を見つけるのに莫大なコストがかかっているはずです。
そこで買ってくれたお客様の
住所
年齢
連絡先
家族構成
がわかったはずです。
そこまでわかていおるのならば次に売る商品を見つけることが出来ます。

売れた商品からお客様のライフスタイルを創造し「別商品の需要」
へと導く
商品購入者の持つ「裏の需要」を嗅ぎ分けなくてはいけません。

例えばある会社の商品はに高いところにある高切狭だったそうです。
高切狭なんて一家に一台もあれば十分ですからリピーター客にはなりません。
しかしこれを購入したお客様に
海外旅行
リフォーム
の案内を定期的に出して受注しているそうです。
これ以外にも
シークレットブーツ購入者に毛婚相談所の案内を送っているところもありあmす。
背の高さにコンプレックスを持っている男性は気っこ泣いてを探すのに困っていると推測したのかもしれません。
ペット専用の水を宅位牌販売している会社は宝石も販売しているそうです。
ペットに専用の水まで買うお客様は裕福な余裕のある方と推測したのかもしれm線。
英会話の会社はエステのチラシも配ったそうです。
英会話に行く理湯として「異性とい知り合うきっかけを求めている」と推測したからかもしれません。
こんな風に時sじゃの商品の購入者おr対府スタイルと推測し「裏の需要」を推測し営業することは簡単に売り上げを上げる極意でもあるのです。
ぜひ今までの購入者リストをしゃぶりつくすくらいの覚悟でなにか他の商品を売ることかができないか?
柔軟な頭で見つけ出してみてください。
一番良い方法は今まで買ってくれた直接会いに行くことをおすすめします。
何人も直接会ってお話を聞いていれば、そこに何かしr田の共通点が見いだせるからです。
署名ドットコム 評判 感想